石巻と福島に行ってきました!

 先日(10月26日~28日)、空知南組(くうなん)の寺院のお仲間と6名で石巻と福島に行ってきました。

 27日は昨年同様に石巻市大森(河北地域)にある、

特別養護老人ホーム「仁風園」さん主催の、「芋煮会」に参加しました。この集いは、「仁風園」のすぐ横にある「大森仮設住宅」住民と園の入所者、さらに地域住民との交流、復興支援を目的に開催され、私たち「くうなん」も昨年に引き続いての参加となりました。

 北海道の代名詞ともいえるジンギスカンじゃがバターを振る舞いましたが、みなさんとても喜んで下さり、私たちも満足。余興として準備した北海盆唄のCDに合わせ、みんなで輪になって盆踊りを踊ったりして一時を楽しみました。

 地元千人風呂の熊谷さんにも手伝っていただき、無事終えることが出来ました。熊さんありがとうございます!

 

 28日は、福島県川俣町山木屋村農村広場仮設住宅に伺い、いろいろお話を聞かせてもらいました。

私たちが山木屋のみなさんとのご縁はこれで3回目ですが、今まで私は連絡係としての関わりで、実際に行くのは初めてでしたので、みなさんとお話し出来て本当に良かったです。

 法話もみなさん楽しみにしてくださっているようで、永岡組長(そちょう)の話を熱心に聞いて下さっていました。

 以前は放射能汚染によりいつ戻れるかわからない状況でしたが、先頃2年間(3年かかるかも)で除染作業を行う計画が出され、村に帰る目途が立ったとのことで、厳しく不安な状況下に少々ですが明るい兆しが見えてきたようでした。

 

(ちなみに掲載の写真には私写ってません(笑))

 

 

幾春別本院で恒例の「花見会」開催