第24回温泉説法!

 2/28~3/1今年も「温泉説法の集い」(青年僧侶協議会主催)に参加してきました。

 今回は、テーマ「希望」のもと、昨年に引き続き震災復興支援の集いとして、定山渓ミリオーネを会場に400名ほどのご門徒が、全道各地から集まりました。

 また、東北より「結海」さんはじめたくさんの方が来て、直接海産物等を販売して下さり、私も美味しいサンマの煮付けやめかぶを買って帰り、毎日楽しんでます。

 

 朗読劇「寅さん~弥陀旅情」、演劇説法、結びは真宗大谷派法傳寺住職「原子力行政を問い直す宗教者の会」の法話と、相変わらず盛りだくさんの内容でした。私は残念ながら法事があって、2日目は参加できず朝一で帰ってきましたが、温泉にも二度入り何とか集いのうたい文句通り「心も身体もリフレッシュ」することが出来ました。

 

 長い間集いの運営に携わってきたのですが、今年で会の卒業(定年)になる私は、開会式のお勤めに出勤しただけで、後は完全にお客さんとなり、後輩仲間たちの一生懸命働く様子を見て、頼もしく思い安心しながら、美味しいお酒を頂きました!

 

 

幾春別本院で恒例の「花見会」開催