今冬もですか???

 連日、連日、連日吹雪が続いています。岩見沢周辺は昨年に続き大変なことになっています。「今シーズンは大丈夫かな?」と淡い期待を抱いていましたが、どうやら甘かったようです。

「降っても良し、晴れても良し」これが仏教者の心持ちですが、未熟者の私は毎日ため息ばかりです。

 除雪の面では業者の方々にお世話になったり、我が家でも女性陣と子供たちの活躍もあって、何とかなっていますが、猛吹雪によるホワイトアウトと国道12号線とくに岩見沢の交通渋滞には頭を悩まされています。「勘弁して~」と言いたいです。どうにもならないのはわかっているのですが・・・。

 天候が落ち着くまで、春が来るまで堪え忍ぶしかないんですよね。仏教では、私たちの生きるこの世を、「娑婆(しゃば)」といいますが、「堪忍土(かんにんど:堪え忍ぶ所)」ともいいます。なるほどお釈迦様のおっしゃるとおりです。

 

 ついつい愚痴ばかりこぼしてしまう私ですが、そんな私たちのために昼夜を問わず頑張って下さっている人たちがいます。今夜帰り道12号線を走っていると、排雪作業をしているたくさんの除雪車とダンプカーの車列に遭遇しました。片側2車線の車幅を確保するために、一生懸命作業してくれていました。坊守の幼なじみのKちゃんも12号線の除雪をしているから、多分あの中にいるんだろうな、この前会った時、寝ないで除雪してるって言ってたから大丈夫かな?そんなことを思い、何かとても感動して胸がジンとなりました。

 いつでも感謝していなくてはならないのに、なかなか気づけない私です。除雪の皆さん、本当にお疲れさまです。

幾春別本院で恒例の「花見会」開催